スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
想いと思いとその落差。
 言葉で全てを伝える事は難しいが、立ち振る舞いで全てを語る事もまた同じ。人に出来うる限りの全てを持って、胸に抱く想いを全てを表現する事は、なお更難しい事。とはいえ、自身の気持ちを伝えたいのなら、それほど多くのコトバは要らないだろう〆
________________________________


・物の本質とは“ただ存在する”だけであり、
・見方によっては(見る人によっては)、変化がある(形を変える)かもしれないが本質は変わらない。
・――見る人によって自身が変化してしまう“もの”だから。
・電子:マイナス(-)の電荷を持つ因子
・陽子:プラス(+)の電荷を持つ因子
・中性子:?
・大きさは。陽子=中性子>>…>電子。
・自由電子と物質の関係

「電子と陽子と中性子と」メモより。
本来ならばキチンとした文章としておきたいところですが、
記憶の中から抜け落ちてしまいましたので、手元のメモの一部を掲載致します。

_______________________________________

 また、テンプレートを変更しました。
結局この柄に落ち着いたのですが、かなり考えあぐねました。
ダーク系のモノにしようか?ほのぼの系で行こうか?それともポップ調か?などと。なかなかこれだ!というほどハマりきった代物がなかったのでネ。
 自身の感覚がすごい勢いで変化していくのを強く感じています。
その変化に僕が合わせるのか、それとも、一所へと留まることに苦心をするか?それを流れの中で選択していくことになるだろうと、そう考えています。


 先日、お食事(飲み…の方でしたが^^;)をしてきた友人らは、高校の頃、部活で一緒にいた中の3人です。
 あの頃の自分と今の自分がどのくらい変化をしたのかは分かりませんが、ただ、それでも、その3人と共に居た時間が長かったわけでもありません。
 僕自身は、高校3年以降、彼ら(部活のメンバー&高校時代の友ら)と音信不通でしたから。もちろんあの当時、僕の方から積極的に連絡を取ろうという考えさえもなかったのは無論ですが♪
 「ただ、そこに存在している」というだけの“置物”のように自身の自我を――今思えば――持っていなかったように感じます。
 そうなった理由は様々あるでしょうが、私がそのような状態になったのと同じ様に、彼らもまた違った意味で、それぞれの後悔を抱いているのかもしれません。
 「大人になる」という事の意味がここを訪れる方たちの中でどのような意味を持つのかは分かりませんが、
 “リアル世界のNPC”という意味でもあるかもしれませんね^^。


 久しぶりに訪れた戦争を知る子供達が住む町は、東京と言う巨大な空想都市から外れたあの当時の、戦渦にありながらも、なにか高揚とした空気をその場に留めつつ薄れていく記憶、その中にあるようでした。
 そこに必要とするのは、おそらく無邪気な子供達だろうと。
小さく狭い公共住宅街の古めかしい窓枠の中に見えるなにかとても面白そうな部屋の主たちを想像しながら、独りにわか雨にも似た散策を楽しみました。
…捻りすぎ……だよな。どうにもわだかまりが残るorz
 活気が必要なのかもな、とも思いましたが。そのままそっとしておくのが一番なのかもしれません。
祖父も祖母も、もう話せる事も多くはないでしょうから。
玄関の戸を閉めたバタンという音がやけに大きく聞こえたのも、
振り返ってみて、改めて見た父親が住んでいた家はそこだけが取り残されたように、も。見えました。小さくなった公園と、背丈の縮んだ家とを見つつ。

 十条の駅から乗って渋谷に向かう途中。新宿から先に進めないことに気が付いたのは、3度目に板橋を過ぎた辺りでした。
新宿に再び戻って、山手線に乗り換えて、岐路に着いたのは、何時間後だったんだろう?
 それでも、まだどこかに寄りたくて二子玉川で降りて、高島屋へ。3万円の靴をただ眺めつつ、泣きそうになったのを覚えてる。
左足の靴はゴムと革が新宿で剥がれかかたし、色々とね。
 多摩川の橋の袂で火を焚きながら両端に炎が付いた棒を回しつつ騒いでいるように見えた彼らが少し羨ましかった。ただ、彼らもまた、何かに泣いているようにも見えたのは、僕だけだったのかな?橋の上からそっと覗いたその場に立ち昇る熱気に当たりながら、やっぱり、涙は流せそうになかった。

 家に戻って、布団に入った頃、何だかんだ言いつつも、父の帰る場所を守っていたんだよなって。祖父の家を思い出していた。
綺麗にパジャマまで用意していてくれた部屋には、気が付けばもう1個枕を用意してくれてた。


あの家の主は布団のメイクの仕方なんてどこで覚えたのだろう?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/10/17 12:33】 | バージョンup | トラックバック(0) | コメント(2)
<<ちょっと打算的な?考え。 | ホーム | 中性子と電子と陽子と……@@:あれ?順番が違う!?>>
コメント
訪問FUUUUUUUUUUUu
まぁ、あれっすよ。(何
今度はシンプルで(・∀・)イイ!
果奈瑠はシンプルが好きなのですよww
更新頑張ってくださいなw
【2005/10/17 20:29】 URL | 果奈瑠 #-[ 編集]
( ̄_ ̄;)え~と…。果奈瑠?
無理してコメント残している気も……しなくもないんだけど………。
ま~* ̄_ ̄)ゞがんばるよv-266b♪
【2005/10/18 18:30】 URL | ノトス #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://larwy.blog18.fc2.com/tb.php/81-d39aee7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ボンボ・ヤージュバナー
虎のお茶


狭き世界の旅猫の           なんでもない、ただの思い出話。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ノトス

  • Author:ノトス
  • 人に読んでもらえるブログを目指してみる。
    対象年齢は謎”

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。