スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
始めてそこに降り立った時、
 始めてそこに降り立った時、涙があふれたのを覚えている。

 子供の頃――もちろんそれは遠くない話だけど、ファンタジーの世界に自分自身も住んでいたかったんだ。魔法を使ってモンスターを倒して、剣を使って敵を倒す。そんな世界に思いを馳せていた。
 だけどね?実際、そんな世界に身をおいたら、自分も傷つくし痛いじゃないかと。そう思いもしたけどさ。それは当たり前の話。ナイフで体に触れれば、切れるのは知ってるし血が出ることも痛いということも。
 でもね?それでも、自分で呪文を唱え、“魔法を使う”という事には、とても憧れてたよ。カッコいい決め台詞なんかを用意してさ、呪文を唱えて、大声で叫ぶ!!><bとかってね☆
 現実世界だと、剣で戦うまでが精一杯だし♪70㎝以上ジャンプ出来ないし、本物の剣振り回してたら、捕まっちゃうしorz
 はぁ~。世の中って、ほっんと生き難いよね?

 そんな思いをいつも抱いていたからかな?
エリンに降り立ったとき、「ここだ!」と――そう感じたのは。
 マビノギをプレイしたのは、2週間。それぐらい、まだまだ操作性もおぼつかないし、動きも、洗練されている。とも言えないけれど、その根幹にある方向性というか、想いというのは、僕の思い描いていたその世界そのままを実現させた。と、そう考えてしまう程の世界だったよ。

 ただ、そろそろ運営側「マビノギサポートチーム」も、製作側「デブキャット」も迷い始めてくる時期ではないかな?これで本当にいいのだろうか?と。それとも、もっと違ったコトを考えてるのかな?
若造である僕が言うのもなんだろうけどね。
 それを上手く支えて上げるのが、ファンであり、プレイヤーであり、その周りに従事する人々だと、僕は考えているよ。


 たぶん、僕もそうだけど、お金をもらう事よりも先に、あの世界をもっと、すっごい世界にしたいと考えている人達ってかなりいると思うんだ。
 なにも、音楽、風景、絵、キャラクタポリゴン。だけじゃなくて。もっと、違ったところでも。
 例えば、お客さんのクレーム対応係りとか?
でも、ま。なりたい事。やりたい事。それが自分の生き方に一番合っているかどうかは、ワカラナイね。
 不釣合いな場所に自身が身を置けば、食われるか、飲まれるか、食べ始めるだろうからさ。それは、何も仕事にだけに関さなくても、勉強や遊び。友達関係なんかもね♪あとは…、想い人だろうね……。
エリンにて1

05/08/29(火).
これは誕生日の日、ナオに呼ばれたときの写真。
荷物が一杯で、手にウクレレを持ったまま。
剣士のグローブとグラディウスはもう少し先に手に入れたんだ。
(ちなみにグラディウスは、前に話した彼からの贈り物)
拡大してみるなら、クリック後にウインドウを全体まで広げた方がいいかも。そのあたりの知識は未熟なので ̄_ ̄;。
スポンサーサイト

テーマ:旅行記 - ジャンル:日記

【2005/10/13 12:59】 | マビノギの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<イマイチ規則正しい生活がなってない…あぁTーT | ホーム | 間抜けな事が多すぎで♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://larwy.blog18.fc2.com/tb.php/77-25554292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ボンボ・ヤージュバナー
虎のお茶


狭き世界の旅猫の           なんでもない、ただの思い出話。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ノトス

  • Author:ノトス
  • 人に読んでもらえるブログを目指してみる。
    対象年齢は謎”

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。