スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
少しの変化と
 世にある大まかな道筋をそれなりにたどっている模様。お互いどこかで無理してるよね。そんな気分。

 何かやりたい事ある?

 そう聞いたとして、素直に話を出来るかと言われたら、答えられるかどうか…。ま。それでもどの道、今、僕が欲しいものといったら…。

 それぞれの「こうだ!」と決められた役割分担。そんなものを引きずることは無いはずだけど、

 例えば、私欲に走る政治家。例えば、わがままな…。ダメだ。僕の頭の中にはそんな、ステレオタイプ的な言葉が存在しない。とはいえ、形だけでも相手側から見れば、そういった“良くある”話の一つとしてまとめられるのだろうな。
じゃないと、怖いから。自分が世に出ることが。

 ま。俺も充分怖さを感じ始めたよ。
 ~したいが無くなったんだ。~したかったを追っていけばそのうちに?
 今足りないのは、「落ち着いて考えること」「行動すること」「悩みの元をどうにかすること」その三つかな。
 どうにも、なよなよしている。あーでもないこーでもない。んで一体何がしたいのさ?と。
 たぶん大事なものを失くしたか、捨てたからなんだろうな。他人のことには構うくせに、内側には向いていなかった?そうかもしれない。なんでもすぐにYESと答える。それじゃ交渉のしようがないじゃないかと。そうかもしれない?理由はそんなに難しくはないさ。~したくない。それぐらいしか僕の中にはないから。

いまでもなんだかぐちゃぐちゃしてる。整ってもいないし、消えてもいない。広くはあるけど、ちらかりぱなし。いる物、いらない物の区別もないな。センスを磨くとかどうこう言う以前に。やらなければいけないことが出来てしまった。
フシギなものだ。今まではしなければならない事は無かったのに。そうかと思う。それが“負けた”証か?なるほどね。負けてはいけない。誰もが勝つためには。そう言う事だ。随分老けたと思う。

それと、一つ知ったことがある。中には相手を潰すコトを考える人も入るってこと。僕は誰もが楽しめる空間を考えてはいたが、相手の出鼻を挫くと。でも。似たようなこと俺もやっていたのかもな。故意にではなくね。そのためには誰かを潰さないといけない。そう考える人たちもいるのかもしれない。そうなるならば、俺は恰好の餌食だろう。理由は単純。弱いしすぐ負けるから。そして、面白くないから。理由はいくらでも付けれるさ。こうだ!と強く言わないのが俺。そういった役割を演じる事は存在しない僕にはとっても都合がいいのさ。

 と。まぁ。ここまで書いとけば、落とし穴は掘れるよね?
 なんでこう平坦な道に落とし穴を掘れるのか俺でもワカラナイさ。
 でも最近こうも思う。落とし穴掘りすぎだろと。

でもなー、でっかい赤ちゃんを演じるのにはほとほと飽きてきたよ。どっちがだかと。本質を見極めるのか、覆い隠すのか、それと、自分にも気をつけなければ、少しでも…。あーちがうな。俺。そういわれるが嫌いなんだ。どういわれようとも、手に入れる物は得て来る。どんな姿になろうとも手にする物は手にしてくる。そう言う事だ。

 俺は、それが嫌い。つまりはそういう話。今の姿のまま、今の自分のまま。その何か、押し付けがましい“なにか”を投げかけられるのがとても。その上で色んなものが欲しいと。
 つまりは単純なこと。美味しくなくなったらヤメトケ。

 キミが食べる側にいるならね。

 ただ、こうも思う。こういうタイプだ。と形作れば、対応が楽だとも。……。こんなことに時間を掛けてるのなんてほとんどムダムダ無駄。

なんでだろな。瓶に居た頃はそんなことお構いなしにはしゃいでたんだけど。~ん。顔をペチペチ叩く癖が付いた。

あ、そうかw少しわかった気がする。どう言葉にしていいかわからんけど。
やりたくない人にやりたくないことを?
やりたい人にやりたくないコトを?他の何かをしたかったけれど、無理をさせてしまったのかも?
 どうにか心を平行を保とうと…たぶん理性かな?それを保とうと必死なのだろう。って…それもなんだろうな?

 なるほどね。言葉を使えば使うほど違うことになる。数ある上手い話というよりも一つの悪い話すが目立つだけ。彼らはそれを気にしてる。そんなところだろう。数に上限はあるのさ。僕は手元に手札が残ったまま終わるのだろうな。色々と言われ、手を尽くされた挙句にね。囚われているのは俺だろうな。言葉に。常識に。もちろんこの常識というのは、彼らのではあるが。俺の周りにはそんな常識を破れる人間が多いことだろう。常に同じ様に働かないからか?ルールが見えないからか?あるいは、誰かが植えつけたルールを破っているからか?未だに訳もわからないな。わかっているのは、何かをぶつければ、俺を通して何か別のものが生まれる。そう知っているから、彼らは何もかもぶつけてくるのだろう。それとも、自分から獲得していけばいいのだろうか?
みんなが食べたのだから食べなさい。そう話した過去のことばかり?

…これ。汚い言葉の羅列だな。
&寝る前に書くようにしよ。うん。では~
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2006/01/09 13:00】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<日記レベル:0.1? | ホーム | 空と人と紙コップな関係>>
コメント
1stのキャラとノトスさんおんなじクラブですねっ!!!
INした時はびっくりしました><

何かとご迷惑お掛けすると思いますが宜しくお願いしますm(_ _)m
【2006/01/10 20:22】 URL | 果奈瑠 #l/VZmCVM[ 編集]
こっちも結構驚いたよ。なんでいるのさ?って。
しばらくは、厄介になるかも。
どうもイマイチ調子が良くないんだけどさ。
また、変なものでも食べたかな…、 選ぶ余裕がないのがネックだよね。
【2006/01/12 00:06】 URL | ノトス #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://larwy.blog18.fc2.com/tb.php/170-01062adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ボンボ・ヤージュバナー
虎のお茶


狭き世界の旅猫の           なんでもない、ただの思い出話。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ノトス

  • Author:ノトス
  • 人に読んでもらえるブログを目指してみる。
    対象年齢は謎”

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。