スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ダンジョン7日にして盗賊王に会う。内容は別物なのであしからずo┓ペコ
ゲームマナーに関するアンケート結果(URL:http://www.mmoinfo.net/research/manner.cgi)
MMO研究所より


ちょっとこんな所みてみた。

そも。オンラインゲームの中を仮想世界と捉えていた僕としては、MPKが~とか、横殴りとか。あるいは、クレクレ君が~。とか。そんなことを聞いてショックを受けたのを覚えている。

今までのゲーム(PS,とかの家庭用ゲーム機のソフト)では、そんなことを問題としなかったし――そもそも、他のプレイヤーがいるわけでないので――、ファンタジー小説、等ではそんなことを気にすることもなかった。主役がいて、それを取り巻く脇役がいて。そして、村人、ふつーの人がいる。そんな世界があたり前だと感じていたからに他ならなかったのだけれども。

けれど、人助けのためのモンスターの横殴り。とかならいいんじゃないかと。思うけど。やっぱ、雑魚相手に(自分ならフツーに倒せるし、相手もフツーに倒せる相手)してる時に横尾殴りされるとむかーって来るのかも。

見知った名前を見かけても、今は誰かと共にいたい思いながらも。声をかけることさえせずにいる。理由は自分でもよくわからない。

アンケート結果の何番目か。
仮想現実世界か?ゲームなのか?についての結果は少し考慮に入れようと思う。けれど、そもそも、ゲームってなんだ?
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2006/04/29 12:06】 | 私信 | トラックバック(0) | コメント(1)
ダンジョン6日目?
今日は、特別な日。でもま。それは、それで。大したことないこと。
昨日ちょっといつもと違って、毎日のリズムが狂った。

そう。でも。狂ったリズムを元に戻そうと言う事はなかった。
自分は、よく、リセットする。ことで全てをこなしてきたから。
つまり、それまでに培った“時間をすべてなかったものとする”と言う事。

本来ならば、人に与えられた24時間という時間を自分の手で、22時間、あるいは、20時間へとあー、やめやめ。こんなの書いててもしかたない。

んま。ダンジョン探索は盗賊王の~までは進みました。そんなこと、どうでも良いいけど。

今日、思ったこと一つ。
「人に惚れるってことは、どれだけ人に会ったか?ってこと」だと、そう思った。いままで、どれくらいの人間と出会ったか?言われてみれば、自分から探しに出かけたことはないぐらい。少ないのかもしれない。
こちらから、声をかけるのもね。どうしてるかな?あいつら。そんなことを思っていても、声をかける術を持ってもいない。今は、一人でいるよりも誰かと共に過ごしていたい。そう願いつつも、そのチャンスを自ら逃がしてる。嫌われるかもしれない。それが。あるのもあるのかも。それ以前の話でもあるやもしれないけれど。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/28 00:04】 | PS2 | トラックバック(0) | コメント(0)
不思議のダンジョン、3日目
ふと思って取り出した、数学の初歩の問題集。
問われた言葉の意味がわからなかったり、解き方忘れてる。とはいえ、もともと得意と言われりゃ、そんなでもない。

さて、3日目の昨日は、ちょっと張り切った。
日曜と言う事もあって、時間があって。
道具屋キュリオにつづき、武器屋のなんとか。言う人、助けて来た。

初めて、ダンジョンで倒れたのも昨日。
トルネコの不思議のダンジョン(SFC)から初めてダンジョン歴はそれなりに。腕もそこそこあると思ってた。
けど、さすがに不注意散漫。仲間にしてたスライム倒れ、いつの間にやら一人身に。ちょっとした一手の不注意でバタッ!と。

一度も死なずにクリア!だ。とか目指してたわけでもないけどちょっと悔しかった。

合間合間に入るアニメが良くて、これ、後から続けて見れるようにならないかな?思ったけど。それはそれで、んー…。

考えずにサクサク進んでるからやっぱし際どいのかも。と、そんな事を思った。だってさ、すぐに、壷ばっかでアイテム欄埋まっちゃうし。捨てずに厳選しないのが問題かも?
他の人ってどんな風にダンジョン潜っているんだろ?
ちょっとブログを漁ってみようかな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/24 10:21】 | PS2 | トラックバック(0) | コメント(0)
不思議のダンジョン、2日目
なんだろう?
何もかも出来なくなりそう。
なにか、別のことでもあるのかも。


食べ物には気をつけるんだよ?と言っても、何も出来るわけでもないのだけど。僕自身も。それが周囲へ悪影響を与えてないとは言い切れないし。
さて、昨日はだいぶ目が慣れてきたか、それほどまでには違和感は感じなかったポッタルランド。あの亀仙人のじっちゃんの声が何より心地良い感じに聞こえてきた。

大工のカーペさんが魔法の原木、ザシュ、ザシュ切り出しそこで終り。


ムービー結構面白そうで、いいかもしれない。
_____________________

オンラインゲームと平行してやってるんだけど。どうにも目が不思議のダンジョンに慣れたのか、元のゲームに戻ると、違和感が残る。以前のようにはあっち、こっちと顔を出すには不慣れになるのかも。それと、どうにもおかしな感覚が付いてはなれない。きな臭くなったかと思えば、胸のうちが、綺麗に、軽く?何もない。そんな感覚にもなってくるし。肌。の感覚等はどうにもならないのかもしれないか。
化粧したいわけじゃないけど、おしゃれに、見た目よく生きたいものだ。
今の服はとても似合っているようにはみえやしない。それに合わせた生き方するのか、しないのか。判断が難しい所。ま。たださ、服装だけで変わるのか?言われりゃ、それは、ないな。見た目には、身だしなみも必要だろうしね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/23 12:16】 | PS2 | トラックバック(0) | コメント(0)
と、いうわけで、始めてみました。ポッタルランド
Σ( ̄_ ̄lll)なんといういか、絵が全体的に暗いのですけど…。
それに割合と、対象年齢層が低め。たーぶん十歳くらいなのかな。

どうにも、精神年齢がどしどし若返ってる気が否めないのですが。
そんなことはお構いないく。ははは。

________________
さてさて、盗賊団ヤングライオンの長。ヤンバーが手に入れてきたカンダタ縁の壷。触るな、開けるな、持ち出すな。厳禁、言い渡され、またされるヤンガス少年。他にすることなく、やることなく気になる壷を調べることに。
着いた先は、ポッタルランドという不思議の世界。
____________________
[>ま、ここまでは、プロモーションでも触れている部分。
その後、いきなし捕まったトルネコ助けたり、捕まったり。井戸からは出でてポッタの父親探しと。続けて、ダンジョンのさわり。
ま。最初はこんなもんでしょ。

だけど、ずいぶんとサガフロンティアを彷彿とさせる絵の作り。背景絵はいいんだけど。キャラクタがなんとも言えず、見にくい。まぁ、目が幾分に悪くなったというのもあるのかも。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/22 09:13】 | PS2 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分は何をしたい?
昨日、雨上がりの真昼すぎ、フラっとあてもないように家を出た。
4/20.PS2ソフト「大神」の発売日。欲しいな思って買うかを考えてた。
理由は、簡単。公式ページの説明覗いてそこに出てくる登場人物に自身が似ていると感じたから…。スサノオ、あるいは、行商人。そんなものに。自身がどれだけ彼らと比べ劣っているかも理解をしたから。
「場の空気」を読めない奴。読もうともしないで自身の空気を推し進める奴。そんなちょっとした小話を読んで、自分があまりにも無知になっていることに気が付いたから。
だからちょっと欲しかったんだ。

んで、出かけたわけだ。かなり臆病になっていたんだけど。ジーンズはいてダーク系のチャックのシャツを着て、色が合ってないなとダークグリーン系のスラックスを取り出して、ジャケットは羽織らずいつもの、こげ茶の手提げ袋を片手に。家を出た。

あまりにも世間一般から見るとずれていたとは思うよ。
見た目も歩き方も。周りを見回してみて、色々とね。

目的の場所に着いて見せに入って――そこは、各階に日用品、本、パソコン&ゲーム。そんなものを売っている場所で――、エレベータを上がってすぐ、目に付いた本があった。「成り上がれ!」そんなタイトルの本。金色の帯に白地で浮き上がったそれを見て、気をひかれて手に取った。表紙を眺め、目次を眺め、パラパラとページをめくる。正直、表紙に写ってる写真の顔は嫌いだ思った。横顔はともかく。しばらく買おうか迷った。店員さんが迷うならやめておいた方がいいよ。そう言っていたような気がしたけれど、彼を持ち上げたらどうなるのだろう?そんな思いに駆られてカウンターへ持っていった。会計をしてくれた店員さんの表情からは笑みが消えて変わりに自身へと移った気はした。そして、次の階。

ゲーム売り場の前に来て。遅かったことに気付く。売り切れ。どうやら取り寄せた分は全て売れてしまったらしい。
どうしようか、そこでもしばらく悩んでいたけど(不思議のダンジョンを買うかをね)一度上に向って、いつも見ていた漫画を探す。ぉ!?出てるジャン。そう思い手に取りレジへ(後になって、一巻飛ばして買っていたことに気が付くのは、ここだけの話)

まだちょっと気になってて、ゲームコーナーへ戻って、結局ソフト、ハード一式揃えてみた。ノタノタと考えている間にさっさと買物を済ませて行く人たちも大勢。彼らに僕がどう見えたかなんてハッキリしてる。根暗なオタクだろうさ。うつむいて、体が傾いで、何を考えているのかもわからないそんなモノに僕はもうなっている。

帰りの道すがら、道端を歩いている人々の背中のすすけてみえることは、おそらく自身にも感じることなのだろう。何より見ていると気落ちをして仕方がないのがあるのだろう。

帰り間際の小学生に並んだ時。彼らが何か話しているのを聞いたが耳には入らなかった。だたやっぱり聞いていて怖いな。そう感じはした。

もう、家の中でしか笑うことも出来ないのかもしれない。
余裕なく常に過ごしているから。どこへ行ってもそれは一人ぼっちのことにしか変わりはないと。誰かが僕の代わりを演じてくれるのだろう。その代わりの代償としてのモノであり、そのための道具なのだと。
どうなんだろうな?俺が居ることがそんなに悪なのか?けれど、そうだね。その方が彼らにとっては都合が良いのかもしれない。
誰が誰に嘘を付いたのか?そんなことは全てどうでもよく、ただ役割だけを演じていればいいのかな。…。だれも望んじゃいないだろうけど。それが一番誰しもに会うのだと、なんとなくの意識の流れで決定をしているのだろう。


一夜開けて、まだ箱から取り出してもいないゲーム機を眺め、余計だったのかな?そう考えずには居られなかった。けれど、アルバイトを始めた最初の出だしはプレステをやりたかったから。弟がアルバイトを始めたら使わしてくれると、そう口約束をしてくれたから。ずいぶんと長くここまで来るのに時間がかかった。約1年半か。けど、結局手に入ったのは、自分ひとりだけの新品の――たぶんあと数ヶ月もすれば次の機種が出て、古くなる――単なる機械。それってどれくらい意味あるかな?ちょっと前の話。遊び相手が欲しかった。でもま。今は。もう…。そうじゃないかな?今も!遊び相手は欲しい。出来れば、ひざに抱けて一緒に遊んでくれる子がいいなと。そんな事を夢みてる?




やっぱり何かが違う?のかも?


...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/21 11:30】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
理想をどこまで体現するかがこの世の鍵。けど、理想がなければ?
ちょっと色々あさってて、ブログの先のトラックバックに引かれた。
ソコからさらに少し進んでBBSのとこ。
顔文字動画が載っていた。結構みんな色々作ってるんだな。そう思った。

進化とか。さらに発展させてるとか。そんなカンジに。

ただ、何を見ても、すごいとは感じるけど、尊敬の念を持てないんだよなとも感じてる自分に気が付いた。理由は簡単かな。それをやってないから。どうしてここまで出来るのか?そのすごさに気が付いていない。

自分が負けているとは思えないから。なのかな?その辺りはまだワカラナイ。

顔文字なんかに関してはあんまり使いたくはない。と、思い始めてる。言葉。文字のみでやれることのそれだけの方法を限定的に考えているのかもしれない。だいぶ思うに、小さくディープで暗い狭い場に留まっていたのかもしれないとも。
常に日頃に、どこにも“いない”自分を見てたから。だけど、もうそれも終りかな。それで終われれば、それなりの顔で終われたんだろうケド、カオナシに追われる日も近そうだ。たいして、もう何かが残っているわけでもないのだから。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/20 11:40】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
やらなくても出来ると思ってる?
こうしたいけど、出来ない。
やりたいことやっているはずだけど何かが違う。

そんなものが僕自身の内的世界なのだろう。
ずいぶんじい様くさくなったものだと風呂場にうつる自身の裸を見て思った。
もっと太っていれば、あるいは、もっと筋肉が付いていれば、それなりに見えたことだろうけれど。
のったりくったり過ごしてる。そもそもの事の発端からして発想からして違うのかな。それともふつーじゃない事にでも目指しているのかも。

下にあるバナー。ずいぶんと他人行儀な人任せな生き方の考え方ではあると思う。けどま。そう考えていてしまえば最後まで貫くしかないのかな?かなり、限定的ナ考え方ではあるよね。自身の言葉の説明のしかたがさ。

今は”~しなければならない”がないのがなによりネックなのだろう。~したい。ことは多くあるけれど、そのための体作りと時間の確保とそのものを手に入れる事も放棄しているし。理由は「自分がやっていいとは思えないから」でも。そんなこと言ってたら「だったらやめろ」いう人が出てくることの方が多いのだろうな。なにより義務を放棄しているのだから。

生きるのなら、どこをなにを基本に置くか?が重要だよね。そうすればおのずと一つ一つ、物事が決まってくる。
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/19 18:21】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
まともじゃないよな
なにかがチガウ。けど。ハッキリとそれが判ってないな。

それと、人の中にいると、自分がずんぐりとした小男になったようで。
それだけ他人に左右されると言う事なのだろう。

ようするに。自分を操っているのは自分じゃなくて、誰かだと言いたいらしい。俺は。
こんなのは日記でもなければ、思い出話でもありはしない。

これが愚痴というものなのかな?

さて。本日の5W1H。

今日 僕は 家で 寒天を 用意されていたので 食べました。――おわり。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/18 13:16】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
何が出来るだろ?それと怖さばっかり
今朝起きて、
70年代の女性アイドルの髪型だな思った。

でもま。間の悪い話。そんな髪型にしてくれ頼んだのは俺なんだろうな。と…。まー。自分でまた丸坊主にでも刈るかなぁ思った。
ゴールデンウィークも出かける予定をこちらから断ったコトダシ。はっはは。
「絶対わざとやってる」そう。まさにその通りなのかもしれない…よーな。
どうして、ここまで、自身にとって損をする道を選んでいるのかと。そんなことも感じはしている。

ただね、いくつかの収穫はあった。ほんと、“いくつか”だけど。大した事でもないし。体の劣化を速めているだけにしか過ぎないのは良くわかっている。

さて。ちょっと気をしめて5W1H。

今日は 自分の部屋で 僕は 台所用食器洗いを 今の物では使いくいと感じて アクリルの糸で編んだ。

…。ちょっとわかり難いかもしれない( ̄_ ̄;)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/17 14:57】 | 書き徒然 | トラックバック(1) | コメント(0)
今はあまりにもツマラナク感じている
少し推し進めるなら。誰かとゆっくり過ごしていたい。そう思ってる。


“5W1H”と言うそうだ。
「いつ、どこで、誰が、何を、どういった理由で、何をした」

2、3日前に書いた事をもっと推し進めるとこうなるらしい。
キチンと専門用語的にあることをみれば、思考法なりそう言ったもので体系的にまとめられているのだろう。教えを受ける機会があれば良かったが。ま。もっとも今は“習いに行く”ための時間は十二分にあるのだが。

髪の毛を切りに行き、幾分か短くなった。後ろ髪が少々…。いや、やや、うざく感じもするのだけど。まぁ、馬のたて髪と言うことで。某オンラインゲームでも馬も実装されたことですし。

考えているほどには、思っているほどには面白くさせるための方法を見出せていない。どこがどう違うのか?それはわからないが。彼らが考えるフツーの役割と言うのになりきれてないのだろう。
なにがどこが違うのか自分ではさっぱり自覚してない。
ただ、そうだな。物を捨てられない&買う物は無駄ばかり。目標もなにもない。かといって持ってる物が有用か言われるとそうでもない。

まぁ、そんなところかな。
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/16 10:36】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
これは読み物というより、無駄書き
 飼い犬は飼い主に似る。
これはよく言われることで。人間も同じだと。
とー。言うより。むしろだ!
「飼い犬は飼い主に似るまで変化し続ける」の方が正しい気がする。んーん。

 途中で力関係が変わるならともかく。それがあまりにも一方通行ならば、主と同じ行動を取るのが常であると思われる。


 話し変わって。昨夜の事。
 バリンと体の中で何かが割れる音がした。ガラスが粉々に砕けると言うよりは無理矢理叩いて割れた。ギザギザの割れ残ったガラスが体の中に残っているよう。時たま、割れる一瞬前の前と同じ感覚が続いている。こんなのな感覚は知りたくもなかったけど。どうしようもないね。 ほんと。デフレスパイラルの真っ只中にいるだけの事なのは重々承知はしているさ。何分にも家を飛び出す機会を失ったのだから。父。母。あるいは祖母が頭となるまで自身は様々な形で卑下されることだとも。

 しばらくぶりにとある人を探しに行こうと思った。
彼女も同じ様に沈んでなければいいのだけど。ハッキリ言って判らない。

 足先のちょっとでもどこかに当たってるとそこからピンク色に腫れるのと褐色がかってくる肌に老女の姿を覚え、シャワーを浴びるついでにと風呂の排水溝の掃除をする自身にふと気が付いたことがある。「お金稼ぎならお金稼ぎ。経験値UPなら経験値UP。話をするならお話だけ。そうじゃないと中々うまく行かない」そう助言されたのをずいぶん昔の事だと頭によぎった。結局はあれやってるついでにこれやっての非効率な使い方。

 「大神」というゲームが出るらしい。ずいぶん前にも何かの拍子に見つけたもの。久しぶりに欲しくなった一品。…。けど。本体ない・・・もとい。弟のものだし触れないし。ので新品のハード買う・・・お金ぇー。PS3はどうやら11月以降?のようだし。まー。そしたらついでにACE2とか不思議のダンジョン・・・は――。微妙に絵は好きなんだけど。どうにも主役にのめり込めそうもない。それとFF9クリアしたいし。12は、んー…。どうだろ。通過儀礼ではあるだろうケドなぁ。まー無難にシルメリアの話は見ておきたいし。と。まぁ。何分にも妄想状態。

 ところで。アルバイトってお仕事でしょうか?
 私は、誰かの夢を叶えるお手伝い。もしくは、単にお手伝い。あるいは、公公とした盗み。みたいに捕らえてるのですが。もしくはその家の主の子になるというか。なったと見せかけると言うか…。
 そんな意味だと僕はそこの子供に追い出された身ですので(僕を守るために)自身のお家を作るほかはないのかなと考えてます。
 …ちなみに。僕がその家に上がる前からいた子供達は私の居場所を作るためか、あるいは主が私の居場所を作るためにか、残らずほとんど出て行かれました。その先が幸か不幸だったかは私には分かりません。ただ。私はその家の子どもになる気はさらさらありませんでしたし、いつまで経ってもその場から離れようとしなかったのは単にそこで終わるのだと。そう感じていただけのことです。最後には・・・そうですね。下卑た笑いが似合うような小さな小さな気の弱い老人になって居ましたよ。
 今はどうかって?もちろん。あんまり変わりありません。あの時と同じ感じがするしあの時と似たような状況になっている。けどその場所が私の寝泊りしているところだってことに問題があるのかもしれません。
 ま。今の僕はそんなところ。…。見放された。あるいは顔を見せることもためらうような自分に今までと変わらず声をかけてくれた友人に感謝を。けど。どう返事していいか。わかんない。黙って聞いてるわけにもいかないだろうし。文字だけ。音だけ。あるいは。映像だけ。それを全部ひっくるめて目の前にいたとしても。それは。変わらない。

 ずいぶん前。テレビを見ていて思った。「こんな世界は嫌だなぁ」と。
 動物奇想天外。いつもの猿の群れのお話。力関係を誇示するためのマウント行為。そんなものの世界なのかと人の世界もとなんとなく感じた。
 当時から変わって以前に嫌だな思う言葉の使い方や嫌だな思う様々な事柄。けどそんなものを体あるいは脳みそが求めてることも…。ほんとは違うんだけどね。そんな言葉をずいぶんと吐かれ自身の中にも溜まってきている証拠。様々な世界観言語体系を持つ似たような日本語を操る彼らと自身との接点をなるべく自身の言葉が壊れないように自身が消えてなくならないように補完をしていく方法を探してる。それ以上に僕自身形作られていないのもあるし、違う世界を覗くのも世界を知る上で道具になる。けれど。体が、脳が、あるいは手足の筋肉が。もしくは目の水晶体を支える筋肉と水晶体の透明度がいつまで持つか。それがとても気に掛かる。これは自身の鍛錬と自身に与えられる情報と食料と、それから一粒の運に掛かっているだろう。何度ももうずーっと眠っていようと考える前に体を動かさないことを覚えたが。自身より綺麗で力強い人々を見ているとどうしてもね。けど。やっぱり。それっぽい顔つきに・・・なって来たなぁ…。床屋に行くお金貰ったので。髪の毛切りに行ってきまっ!どんな髪型になるのかちょぴりわくわく?記念にと携帯写真で自身の顔をパシャリと撮りましたとさ。左右のふさふさが・・・・じゃまだぁ。
 そうそ。これ両手で構えて腕をまっすぐ伸ばし、正面から写真をとれば自身の体の歪みわかりません?どこがどうおかしいのかわかりませんが、写った自身の体は確かに傾(かし)いで、ゆがんでいる。
真逆に自身の正面写真を撮ろうと体と腕を四苦八苦、傾けさせなんとか治まる体たらく。どこがどう間違ってるのだろう?子供の自分から顔をちょっと右に傾けてよく言われましたがね。ではではまたの(まだなにかあったけど忘れた。そういうことが多い)
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/15 12:25】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひつまぶし?
なにもなく生きてきたけど、それだけに言葉を発する事なく終わってた。

もちろん。ある程度の思考というのはあったし言われずとも生活をしてはいた。あの時からだいぶ立ち止まり気味になり。今は自身で言葉にし、あるいは手元に書いてどうにかつなぎ止めているようにもなってきた。

“誰が、何を、どうしたいのか?”
その一つ一つが決定すれば自ずと必要なことも見えてくるだろう。
んーま。具体的に言えば。

“私が ラーメンを 食べたい”これなら必要なものは「ラーメン」でそれをどうやって手に入れるか考えればいい。と。
…^^;これだけの事にかなりの時間を割いてしまうのは。それだけ暇なだけ。やる事がないだけ。出来ることが少ないだけ。とも言えるかもしれない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/13 03:02】 | 書き徒然 | トラックバック(3) | コメント(1)
遅ればせながら
ワンテンポ後になって気付く。

これ。不味い。

そんな風に、体と思考との反応の遅さが目立ってきた。
ずいぶんと老けたなとも思う。
ちょっとカゼぎみで気分悪くもあるけれど。

思えば、何か目的があるか?言われたら中々ね…。
話しづらいこともあったし。そもそもが目的?何てものを持つという考えさえも自身の中にはなかったから。
ただ、毎日寝て起きて学校に行って、の繰り返し。
面白いともツマラナイとも考えはしなかった。
その内とある放課後にちょっとした事があって、彼女が出来た。
もちろんそれは「彼女の逃げの一手だ」とは頭で気が付いていたけれど(僕から見ればの話で彼女自身がどう感じてたかはワカラナイ。頬ははちょっと赤くなってたけど)。…。嬉しがる自分をどうにか誤魔化そうとだから何?という顔して答えたけど。けど、そもそも付き合うって何?好きってどういう感覚だ?そんなものさえ知らなかった私は結局別れることになった。ずいぶんと損させたと思うよ、今となってはね。その間彼女の欲しかった時間を私は叶えられなかったのだから。全く付き合わないわけでもなく、むぎゅって抱きしめてたわけでもなく、ただ付いて回ってただけにしか過ぎない。しばらく経って、僕の周りで彼女の姿を見るようになった。他の男の先輩や他の誰かと仲良く話して遊んでいるを見てぼくはそれを見ているのが嫌になった。その後は徐々に付いてきた学校に行かないというサボリ癖それを露骨にみせ始め人の輪の中から消えることになる。その間、何をしていたのか?といえば布団の中に被って潜っていただけ。数十時間あるいは一日中布団の中で隠れてた。それだけの時間があれば何が出来たのか?それは今となっては、の話。母親の起こしに来る言葉が何よりも部屋の中に縛り付けていた。たぶんね。母親の頭の中ではこうだ「また何か悪さして来たんでしょ!それで逃げ隠れて!守ってあげるからそこで寝ていなさい!」たぶん、こんなところ。
(――誰かに読まれている事を望むよ。たぶん僕には時間がない。一人で生きられない人間のすることは得てして大概に似ているものだ)


以下メモ。母親に付き従うと、気持ちの悪い人間になれそうだ。
持てるために(たぶん。大勢で楽しむためには)どうしたらいい?と考える根本のところで答えが違う。まぁ、そこから自身にとっての考えもそれなりにあるとも言う。
たぶん嫌がらせをしてるんだとも思うけど。そんなことして何になると言うのか僕にはわからない。まー、このまま行けばこんなおじさんになるというものは見えてきたかな。
おおむね、世間一般的に思われる何をしているんだかわからないゲーム好きの太ったおっさんと言う辺りだろうか?その道を極めたわけでもなくね。母親が何を外から学んできたか知らないが、母親に食われそうだよ。生まれてからずうっと見てきたけれど。僕から見てのマイナスの考え行動のパターンは何故だかわからない。…。ま。外に出て行けなかったから内側に自信の望む範囲の物を作ろうとしているにすぎないのだろうけれどね。

そうそう。GWの誘い。「やめとく」と返事を返しておいた。何して遊ぼう?とメールが届いてたけど。父親曰く「友達のこと気にするなら行くものだ」とも話してた。行かないなら「行きません」と返せばいいんじゃない?とも話していたけれど…。ふぅ…やっと家族らしくはなってきたのかもしれない。それを望んだのが誰なのかは知らない。どうだろうな?僕はもっと違った形で家族を持ちたかったかな。ま。僕より上手の指揮者がいたってわけだ。その進む先がどこにあるのかも知らずにね?
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/04/11 02:33】 | 私信 | トラックバック(1) | コメント(0)
時間切れのぎりぎりに
コンビニの食べ物を食べ続けて体がとても老化。あるいは、皮膚のひび割れやなんかもね。

何が原因かって、酸化防止剤にあるんじゃないかと。酸化防止剤=たしかビタミンC。になるのかな?
本来の食品の“酸化”――つまり、物の劣化を防ぐために用いている(酸素と結びつくことによって物が崩れると言えばいいのかな)――を防ぐために、食べ物に酸素が触れる前になるべく吸着させてしまおうという目的のために用いてるもの。
これが本当の目的を見失って、体に害を及ぼしているのだと。まー、被害をなるべく減らすには、酸素を取り込むこととか思うんだけど(要するに体内で酸素と結び付いてもらってなるべく体内の脂肪?油脂?分が溶け出すのを防ぐと)
詳しく勉強してないからなんともいえないけど。たぶんそんな感じ。
ま、三食そんなものに頼ってりゃ必ずそうなるって。
ただ、そうだね。体を動かして、たまに食べる分には。そうそう害はないんじゃないかと。そうも思う。
…正直。毎日来られたんじゃ、働いてる方の身がもたないだろうし。備蓄されてる食糧も。…だけど。かといって全く来られなかったのではぐずぐずに腐り果てちゃうし。けど。あれかな?哀れだからって買われるのもな。と。欲しくて買うなら…。でも正直なトコ。お金が欲しい時期もあるし。なんとも言えない。

楽しいためにはある程度のテンポ良さ。軽快さ。そんなものが必要なことに気が付いた。それとあと体力ね。ここ最近、どうでもいいと。野放図に寝そべってたけど。その分人並み以上に出遅れてもいるけど。正直。生きてることに意味なんて考えれもしなくて、目的なんてものを今は探してる。ちょっと前はやっぱりこのまま老いるに任せるかなって考えてた。そういえば。彼女達。いまごろ何をしてるかな。それぞれに新しく時期を迎えるところにさ。僕の失敗が彼らの想いの破綻に繋がるなんてのは考えてもいなかったと。それほどに身勝手ではあったんだよ。


話し変わって近況を。
友人から一通のメールが来た。GWにこっちに戻ってくるって話。集まって楽しもうって。読んだ瞬間「ヤメトク」そう頭に浮かんだ。
どう返事を返していいか。今は迷っている。
【2006/04/09 00:35】 | 私信 | トラックバック(0) | コメント(0)
さらさらと
久しぶりに食べたコンビニ食が、おいしく感じた。
あれだけ嫌がってた割には舌が慣れてきたらしい。

ま、そんなもんなのだろうと。

オンラインゲーム関係のブログを漁ってみた。
どうにも自身はまだまだヒヨッコなのだとも感じたかな。
全体の雰囲気に乗れてなく、そのことに気付いてる。そんなところがね。自分で流れを作ろうとも、変えようとも思わずただ浮いてるよなと思う自分がいるだけ。おもしろみなんてもの。さらっさらに感じることもなくなってる。ゲーム自体のすごさは感じてるけど。それで何かしよう。なんてこと、なくなってるから。ま。そんなところ。
それともどこかにあるのかな?自身はどうやらほとんど下心で出来てるらしいし。あの当時何故そういわれたか。これでやっとわかった気もする。
さらさらと流れる水面に残った泡。
それが何で出来ているのか、何が原因か。いつまで残るのか川の流れの濁とならねば良いのだが。いいんだけど。
むしろ、そんなものにはしたくはないな。かな…。

修正4/8
どうにもおかしな自分が居る。言葉が自分のものではないような。自分の話してる言葉が自身を表していないような。

もちろん。言葉というのは外界に向けての想いの表れで。それが何か目的を持つ物なのか持たないものなのかはそれぞれのレベルによる。
僕の想いはただ一つ”楽しみたいだけ”だと。みんなでワイワイとね。
けど。実際今までそうだったか?はわからないな。ま。けど。人それぞれやりたいことあるだろうし。本当の意味での“楽しみ”ってそれぞれに違ったりするから。明確な目的を持って、それを成し遂げる方向を持たせる事が必要不可欠かもね。じゃないと内内で暇になった人たちはケンカをする。…経験済みなのでね。もちろん暇になってようやく楽しく遊べるようにもなる人もいるかもしれないけれど。前からヒシヒシと感じていたけど。僕の楽しみってそもそもふつーの人が話す”仕事”的なものみたい。ほんと嫌になる。
ゲーム上で知り合った何人かの友人知人。そんな彼、彼女らと実際に会って、戯れることを夢てたけどそれを実現するための工夫なり我慢はしなかったなと、そんなことを思った。
【2006/04/06 16:56】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボンボ・ヤージュバナー
虎のお茶


狭き世界の旅猫の           なんでもない、ただの思い出話。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ノトス

  • Author:ノトス
  • 人に読んでもらえるブログを目指してみる。
    対象年齢は謎”

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。