スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
~の終りに。
 なんだかホント、ばかみたい。

 自分で書いてる言葉が間抜けにしか見えてこない。
 それだけ、暇なんだろうなーと。

 自分が生きやすい居場所ってどこにあるんだか。
 そんな気がしてきたよ。

 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/31 14:54】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
二律背反する自分と
 今年の最後の一日前。
 それもあってタイトルだけだったけど過去のブログを少し振り返って見た。やっぱり、瓶(前のクラブ)にいた頃が一番良かったのだろうと。
 もちろん、変わってしまった僕だ。以前ほどの物は持っていない。

 思えば、ある程度の仲間。友達。そう言うのがあってこそ自分としての立場を確立出来るのだから。

 ~したい人と、~したい人。そんな同じ想いの人々が集えばいいのだけどね?

 ただ、その「やりたい事をした結果」、その結果を受け取る人がどう感じるかは、…僕には想像が出来ないな。
例えばの話。

 味噌汁を作りたい。そんな人がいたとする。

 「作りました!これでワタシは満足~♪」と。

 その作り終わった味噌汁は、誰かが食べる?それとも捨てる?
 それとも無理矢理にでも食べさせる?

 もしも、その味噌汁がまずかったら?アナタはどうします?


――例えばの話。
 まずい味噌汁を作って、彼に意地悪をしたい。そんな人がいたとする。
 「作りました!食わせました!これで満足~♪」と。

 その食べさせられた人はどう感じるのだろうか?
 俺だったら…。私だったら…。
――例えばの話。もっと色々なコトが考えられるけど、ヤメトク。


でも、これは頭の中での出来事。机の上の絵空事。
ま。今年はそんな年だったと言う事だね。
では――ノシ 
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/30 14:39】 | 書き徒然 | トラックバック(1) | コメント(0)
間違い尽くしの親ですから
 ぅ~ん…。悩むというより思考停止。頭で考えるより先に手足が壊れてく。一気に年を取ったのかもしれない。

 悩み事の一つは言うに及ばずトラックバック。気付いたらあんなのハってあったし。大人ですし。ちょぉお~っととかって覗く気にも。ぅ~ん。前はずいぶん削除を続けてたんだけど。はあ…、彼女か…。自分の顔。体。そんなのを見て。ヾノ ̄_ ̄)とため息をつく次第。脳みそがあれば、あるいは腕力?(体力)でもあれば。とかも思うけど、無いものばかり。
 あるとすれば、小心者の心かな?怖がりだから。

 ま。そんなコト呟いてても仕方ないので、わっはっはと。笑ってられればいいのかな?

 老いても、気概は捨てずにね?もう。俺と同じ想いをさせるのは嫌だから。
 それでは!――ノシ
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/29 11:36】 | 書き徒然 | トラックバック(1) | コメント(0)
飼われる猫の末路かも?
 眠りにつけなくて夜中の時間を右往左往。
ようやく明け方眠れたらしく体を起こしたのがお昼は過ぎて3時過ぎ。

 何もかもだらけきっている自分がいる。動かす体の分厚いことと言ったら。
 自分は何をやりたかったのだろう?と。思い悩む。

 今は本当に怠けているだけ。その通りなのかもしれない。

 あの当時。ダメと言ったから…。ダメと言われたから。今もダメなのだろうと。その拒否された理由もしらないし覆してやろうとも思わなかった。ただ。ダメなのだろうと。
 僕はあの当時自分を含め誰もが一番楽しめるような場所を。そう思っていたが、結局は………。時代が違う何かが違う。そんな感覚以上の話で。

 …今の僕に残っているのは、何も判らない、社会から取り残された光る気配も見せないただの石のカケラ。
 彼らは何を恐れたのだろう?おそらくそれは…僕と同じ社会常識という彼女達の枠の中だ。
もうこれ以上は暴く必要もないのかもしれない。後は彼女達が覆い被せるだろうさ。それが少し寂しくもある――〆
...続きを読む

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【2005/12/28 17:12】 | 書き徒然 | トラックバック(1) | コメント(0)
食事も仕事の一つです。
 題。そのまんま。最近食事をとることがとても辛くなってきた。
 それなら一口食べて終りとすべきかと。義務感から食べてるけど。食べた後にまずぅ~と。何よりも料理をしたくない人にさせてるのが原因だろうさ。見てくれじゃなく、味だけでもなく食べた後にすぅっと溶け込む幸せ感が欲しいもの。

 いまは。早く死ね死ねと言うようなとても毒のあるお食事ばかり。それもそのはず。自分の感覚が自分の意欲がどんどん薄れていく。そうまでして人を道ずれにしたいのか?もちろん。その通りなのだろう。

 素材の良い一部の品々が。ホント哀れに思えてくる。

ではね。また。明日。なるべくはやく起きてみようと思った。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/27 18:45】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
ぼけーっとしてる
 何をしたいのか分からなくなってきた。
 話す言葉全てが悪い方向に向っている。しばらくは何も話さず。ただ黙って受け入れるしかないのだろうか?
 死にたがり屋の誰かさんは一人では天国に行けないから。だから他の誰かが先に旅立った後に自分も追おうと。

 連れられていく人の気持ちはどうなんだろう?

 けれどそのことに口を挟む権利は必ず与えてはくれません。

抜け出すことも出来ないのなら。死を待つのみかなぁ。
僕にはホトンドやりたい事が消えうせている。
 いてもいなくても。大したことがない立場。そんな自由奔放な位置を手に入れたのだから。でもその立場にいる僕としては。これ以上お仲間を増やしたくない気分。理由は?そりゃもちろん楽しく生きたいから。

 ないてわらって。叫んで転んで痛がって。僕には誰か相手の気持ちなんかは理解出来ないし。もうこれ以上自分を保つことも無理になってくると思う。たぶんね。離れ離れになってしまえば今まで保っていた自分の立場。という均衡が崩れ去ってしまうのだから。誰一人友達のいない僕だ。同じ年、近い年。そういう意味でね。なんでも話せるような人が一人。僕の口の代わりになってくれる人がひとり。欲しいと思ってる。
見つけられるかな。探そうともしていないから…わからないよね。

 やりたいことを好きなことをやればいい。でも。僕には出来ないよ。相手の気持ちが判らないから。――〆
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/26 16:35】 | 私信 | トラックバック(0) | コメント(0)
ぅ~ん。あんまし人に見せれるようなお話じゃなかったかも
 と。反省中。

 イブなのにね?


 今朝の朝食。トロまん。…三浦半島に買出しに行った(もといバス旅行?)おばぁが1個200円で買ってきましたと。

 ツミレに似てるけど、味は違う。そんなものだった。

 ぇー1月3日は、鎌倉へ初詣。そんなメールを受け取りましたが、
 寒そうなので行きません!!夕方過ぎの飲み会には顔出しますが♪

 おそらく4日ごろにはベロベロになっていることでしょう。

 そいやみんなは今年の正月どう過ごす?
――ではまた~ノシ
...続きを読む

テーマ:クリスマス - ジャンル:日記

【2005/12/25 15:14】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
今宵のアナタに何かを捧げ
 めぐり往く季節はまたこの時へ。
 すべからく誰しもに行き渡る愛の…ぅーん。ガラじゃないので止めときます。

そんな感じの横浜行きでした。

 行きの電車の中では着飾ったと言うよりは。お洒落をしようとして題ナシになった彼女達でにぎわってましたが…。いやまぁ。こういう日でもあいかわらず普段着なままというのもいただけないとか?

一応。たーとるネック着てましたが。
数人はとーってもセクシ~な人も。どこ見てんのアナタ!言わんでくださいね?目の前にいたんだから嫌でも目に入る。いや、嫌って訳でもないのですが。

帰りはまぁ。普通かな?ただ。ちょっと気をつけないと俺の方が不審者かも?なんというか。足“だけ”やたらと細い人とか。服装“だけ”やたらと若いとか。そんな一部だけに特出してしまったが故の人々。思わず凝視してしまいました。

ま。そゆことです。

 仕方がないですが。いろんな業をそれぞれ背負ってますよね。
 少しはお互いもう少し。上手に生きたいと。そう思います。でもそれも…。無理な話。
 なんでそんなにも引け目を感じるのか?と。分からなくもないんだけど。それは。間違っている!

 クリスマスと言うだけあって。何かあるだろうと訪れる事も多いのでしょう。

 それでは。また。――ノシ
【2005/12/24 16:54】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(1)
ぅーん。なんだろ…?
 自然>物理>化学だろ。

 そう思った。ま。どんなことであれ。健康が一番。

 それでは。そろそろ年越しと。良いお年を~ノシ
 (早いかな?


 

テーマ:いま思うこと - ジャンル:日記

【2005/12/23 16:18】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
おいしいもの。おいしいもの?
 おいしい物を食べたい、飲みたい。誰しもが思う一つの欲求。

 五つの欲望の内、一つに上げられる“食欲”は齢(よわい)を重ねるごとに増していく。各言う俺も同じこと。
 美味(おい)しさ故の過ちか、見た目の美味(うま)さ故の巧みさか、食して体に害となす物々も。
 過去に規制された品々や新たに生み出される合成品。その安全さは、図らずとも理解に値する。

 人の体のあれこれは、食した物で置き換わる。その侵食課程が、急激なのか穏やかなのかは個々人の食後の状態、代謝の速度に由来する。
 その変化の中で不都合が生じれば、そこから壊れていくものさ。ほつれ始めた糸が全てバラバラになるまでは。もしも一つの糸として残していくなら。……。ほつれた部分を切り取るまでだ。その後はそれ以上短くならないよう工夫をすればいい。それとも、あなたはそれぞれ一つの糸になるまで黙って見てる?それともほつれた部分を切り取り続ける?
 まことしやかに囁かれる、この世の弱い生き物は、あまりにも偶像過ぎると思う短い真昼の一日と。


 ――要するに。美味しく感じなくなったらヤメトケ。そうゆうこと。とはいえ、中々止められない事もあるよねほんと。理由は沢山。要らない言うのに買ってくる。要らないはずなのに食べてしまう。そして⇒逝く。そんな幸か不幸かの生き別れ。買いたく無いなら買わなきゃいいのにと思う。3世代住宅の悲劇の末尾。できればもっと幸せな3世代住宅の道を選べなかったのだろうか…と。自我を持ち始めてようやく1年。あと何年体が持つかが心配だ。出来れば体と中身の年齢は同じく成長したいとこ。でもね?悲劇に感じていても始まらないし。
ただ。問題は、分かっているけど体の反射は止まらない。そうゆうもの。

 ずいぶん昔のこと。3つの方法を思いついていた。
 化学力。物理力。自然力。
 この3つの方法の順番がどれが正しいかは、まだ分からない。
 けれどもこの3つが全てを握っている。

 どれに頼るかは。自分で決めな。俺にはもう…。

 女の子を抱く感覚ってどんなもんだろう?言葉で言い表す感覚も何度か聞いてるし…そゆことの絵とかも見たことあるし。でも。ま。いいか。結局のところ良く分からない勝負に負けたのはこの僕さ。

 順番的には。自然力>化学力>物理力。かな?

 病気になったら自分が持つ生命力に頼り。
 それでもちょっと辛かったら、お医者に行ってお薬もらって。
 それでも無理かも言われたら、ダメになったところを切り張りすると。
 この順番を守れば少しはマシかな~?まー、どこから始めるかは人それぞれ…っぽいけど。でーもマズは自分の生命力に掛けるんだね。ただし。悪循環に陥らないように。――〆
 

テーマ:自分の考え、想い。 - ジャンル:日記

【2005/12/22 11:52】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヘビと羊の関係。
 ぅーん…。と悩んでたり。

 テイルズウィーバーのこと。チャプター(メインストーリー)進めてないし、進められないしで。どうにもこう言った他の人と遊ぶゲームというのは苦手なんだな。とつくづく思う。

 思えば世間にでること数十年間なかったし。仕方がないのかなとも思う。来年には就職できて、仕事…まぁ。普通な?生活でも送れたらなぁと思ってるけど。出来るかとても心配。

 ここに来た時の想いは「ここに僕が居てもいいのか?」ということだった。バイトを始めて同じ思いで約一年間いたけれど。結局のところ姿を消さざるおえなかった。もちろん。そのままそこにい続けても僕はただ、壊れていくのみだっただろう。
 彼が悪いのか僕が悪いのかは詮索をするつもりはない。ただ、あいつの厄介さと哀れさとすごさはよく知っている。
 あいつはまだどこかの夜で、自分を認めてくれる人を、自分が弱い立場にいることをなんとしてでも認めてくれることに、あるいは、自身の人生が悲劇だと言う事を知ってもらうために、全ての力を使い自ら踊り狂うのかな?と…。

 また今夜も彼と同じタイプの人間が僕と似たタイプのモノを壊しに出向いているかもね。
仕方がないが。今はどうすれば彼らが心穏やかに過ごせる時間が来るのかなと考えをめぐらしている。方法の一つは思いついている。だけどそれを使う手は。僕には選べないだろう。

 だとすれば彼に地獄を見てもらうしか…。ないのかも。
 いくら温厚とはいえ、やはり。僕にも感情と言うモノは存在するし。ここ数日の自分の行動を振り返って。自分があまりにもボケ始めたと言う事もある。彼にすがりつく人々にはホント申し訳ないが。今はそうするぐらいしか僕には選ぶ力がない。神様がいないと生きていけない天使達。そんな哀れな死に逝く末路は、どうにも動かない子羊達と、それを脅かそうとする草陰に潜む堕落をした姿を持つ神様達。その、羽を失ったヘビ達は今日も日長に草を食(は)む。

 彼ら天使の産声はニセモノの神へと届くだろうか?
 それとも、より強い一つ上の天使へと?

 全てはなすがままの常世の世界。
 子羊達とヘビ達は、ただ飽きる事無く草を食む。――〆

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2005/12/21 16:31】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
マビノギ!in Tir Cho-BANK――DO NOT USE...raight side.
 師走も半ばの12月15日。その日も何かしら熱かった。...はず。


 INしたら。一気に成長しましたさ。何がって?もちろんマビノギでb。

 13歳から一気に25歳へ。なにか浦島太郎的な匂いがした。
 実はこの日。マビノギが開放された日。事情通(マビノギ専門サイト)によれば韓国では先に2時間のみの無料開放に踏み切っていたようで。運営側も色々と考えているよう。ま。遊び手はそこまで気にする必要もないんだけどね。

 ただ…。気になる事は。中国のTWが運営中止になったこと。
 元々中国側のTWは攻略サイトにもリンクとして張られてなかったりで。躊躇させるような何かがあったのかもしれない。
 
 ま。暗い話は置いといて。

 マビノギの話。
 INしてそこで出来た友人と連絡を取るともなく終わった一日目。
 マビノギのメインストーリーを進めるための重要なアイテム。
 メモリアル?ロケットが...。・゚・(ノД)・゚・。。
 銀行の右枠内に………だぁあぁあああTーT

 無料化されたとはいえ、お金払わないと銀行も全部使えないのね;
 みんなに言いふらしてやるーー!
 と、今日までに2名。話してきました<m(__)m>以上。

 など言いつつ「左半分にあって、取り出せない・゚・(ノД)・゚・。」と左右反転した話をしてたような( ̄- ̄)。

本当は“右半分が使えない”(d><ここ重要。) が正しいです。ハイ。
 ま。これから始める人にとっては関係ないだろうケドね♪

 それじゃまた♪――バイ~( ̄_ ̄)ノ~~

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

【2005/12/20 11:17】 | マビノギの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0)
イメージによる型。枠。そんな彼らにとってとても都合のいい日常
 接続料が無料となって、2ヶ月半。

 ゲーム内もだいぶ様変わりしてきたようで。
 ゲームバランスの関係だとは思うけど。ケータリングサービスが停止。

ケータリングサービスというのは、他のキャラクターへアイテムを送るシステム。ほとんどの人は倉庫用キャラへアイテムを送るためにしか使って以内も同然だったんだけどね。

 それから、
 アイテムを地面に“置く”から“捨てる”へと変更されたこと。

 この違いは大きいと思うんだ。言葉によるイメージの違い。
 そこから来る受け取り側の相手の気持ちの感じ方が特に。
 

 それから最近調子が悪い原因って。
 この年での普通のイメージにあるんじゃないかと。

 漠然とした型。枠。そんなものに当てはめようと周りが必死になっているんだとも思う。…いや。今までは。かな。
 この後に待っているのは。こうでなきゃいけないという彼らの植え付けと僕の戒めからの開放の交換になることだろう。
 どちらにしろ。俺は、自由になる事はないな。彼らは食べたいだけ食べ散らかし。俺は与えられるものだけで生きていくことになる。どちらも幸せではないかもしれないな。そう思う。
 

テーマ:テイルズウィーバー - ジャンル:オンラインゲーム

【2005/12/19 16:33】 | Talse Weaver | トラックバック(0) | コメント(0)
意味のない言葉
 なんだか本当に自分の感覚と話している言葉が一致していない気がするんだ。
 またいつもの悪い癖。感情の抑制でもしているのかも。


 なにかがあったはずだけど。ほとんど忘れたよ。

 それじゃ。 ――ノシ

 昔。こう話したたことがある。“彼らの話した言葉を叶えるのみだ”って。

 でもその本当のところは?本当に願っていたコトは?話しにくいという事もあっただろうし。話している言葉とは裏腹な感覚もあったと思う。
 その意味で、彼らの願いを聞き届けられなかった僕に否があるんだと思う。
...続きを読む

テーマ:ぼやき - ジャンル:日記

【2005/12/18 15:23】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちょっと長めのお話。
多摩川の橋を通り過ぎてから気づく。

∑( ̄_ ̄;)これ、急行じゃん。

そのまま最寄の駅を過ぎましたとさ。
じゃんじゃん♪


そゆわけで引き返そうと思って隣のホームに移ったら、やっぱしそっちも急行でしたorz。帰れないし。

まー。せっかくだからと。そこで下りることに。乗り越し料金払わないといけないけど。俺って金持ち~♪と勢い込んで切符を投入したら、0円でした。

まぁ。そんなわけで、久々の外出はおしまい。

どうやら巷では片足を上げて靴下のズレを直すのが流行らしい。
どういう理屈なんだか。と思うんだけど。バランス感覚が大事だね><b

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/17 15:41】 | 小旅日記(こたびにっき) | トラックバック(0) | コメント(0)
おかしい自分とつまらない自分
 うー。たー。はーーー!

 ども。

 なんかさ。最近特に脳みそがアレで。…
 やけに優雅さに掛けているというかなんというか。堕落しまくry

 その原因が分かるまでしばし待て!ということd><

 求む!。わが心の探求者。と言うことで。さらばだノシ~


 要するにネタに詰まった弟がストレートをお見舞いしたわけで。
 殴られ損かとも。どういう関係を望んでいるんだか…。20歳超えてもそういう関係ではいたくないものです* ̄_ ̄)~且

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2005/12/16 16:46】 | 私信 | トラックバック(0) | コメント(0)
コンビニで働いていて、
 色々なコトがあったのは確か。
 そこの食べ物を食べていて、血を吹き出したこともあった。皮膚がぱっくり裂けた事も。
 でもま。それを通りすぎてしまえば。それまでだろと言う事かな…。

 これがおいしいはずだ。そういって。いや…これがおいしいんだ!と。
 その押し付けでもしていたのだろうか?
 楽をしようと、手間を省こうと、多大なる労力を使って、別の存在を作り続けて来たのがその業界なのだと思う。

とはいえ、出来上がってしまったインフラだ。24時間営業の弊害もある。一度始めた事はなかなか止まる事はないだろう。騙しの手口といえばそれまでだが、お仲間作りに躍起になることには違いない。それとも自分の代で終わらせるか?どうだろうな?違う頭を頭に置き動きはじめるのかも。それでも構わないさ。俺はそんなところにはもう関わりたくもない。
 コンビニという業種が出来上がって約30年?24時間営業となったのは俺が11、2才の頃だったと思う。あの頃からどれくらい変われたのだろうね?


 コンビニで働いている時も目にしていた森永の「焼きプリン」。甘いけどおいしさは感じないよな…。そう思いつつ食べ終わる。鼻筋の上の方。右まぶたの所にいつ出来たともないかさぶたが膨れていた。

 近頃。自分の感覚と言動の不一致に悩まされる。
 自分の体。ひいては、自分自身を守るために感覚や感情というものが存在するのだが…。それがなくなった時。人ってどうなるんだろう?と。
 それとも。呈のいい玩具にでもされるとでも?
…とある人が話してた。
「どんな時でも笑っていられれば幸せはやってくるって」
だったかな?
そう話した、彼女の過去については聞いた事もないかな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/15 12:24】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
一晩眠って、
悲観的に考えすぎだろ。そう思うことにした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/14 16:14】 | 私信 | トラックバック(0) | コメント(0)
寒い家の利点とは?
 夕方4時に起きて朝飯を食す。これ。すなわち、まったりかと。


…そんなカンジのノトスです。


こーのままじゃぁ。豚の串焼き定食になる日も近いかも…。そんな感じにぶくぶくふくらみ始めたこの体。目指せ!体脂肪率60%。
――と言うのは大げさ過ぎ?

 とーはいえ、横になっている時間が18時間以上というのも問題な気がする。なんとしてでも+6時間は粘りたいところ。
じゃないと。マジに。豚箱行きか。ただでさえ体を動かすことがなくなってきてるのに。

冬はいつもこんなもんかな…。家の空気がとても寒くてね。布団から這い出すのがとても辛かったり。寒くない家に住みたいもんだよな~と思う今日この頃だったりします。
 そいや、みんなの家はどんな感じ?それじゃっ。また~ノ~

テーマ:ご飯日記 - ジャンル:日記

【2005/12/12 16:27】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
この席空きませんか?
 昨日の出来事。

 昼食も過ぎ、一息ついて、暖かくなった午後の賑やかな時間。
 主婦達はそれぞれの家路に着くか着かないかの分かれ目の時間。

 そんな、穏やかに時が流れる合間に一人の場違いな男が現われる。

 青いジーンズ。足元は800円かそこいらの簡素な薄茶のシューズ。色合いさえ入っていない。そんな出で立ちの彼は改札をでようともしないで、構内にある本屋へと消えていった。――やや前屈みにも見えるその後姿は、一瞬“SoupStock東京”のカウンターに向いもするが、何か躊躇するところがあるのか、そのまま立ち並ぶ雑誌棚の奥へ消えていった。

 ◆◆◆

 少し過ぎて改札を出たその男。お世辞にも綺麗とはいえない口ひげを生やし、髪の毛も整えているというよりは、伸びきったまま。

 改札をでて、目の前にAMPMの看板でも目に入ったのか、まっすぐにそちらへ向う。真横に大きいカフェラテとホットチョコレートの販促がチラッと飛び込んできたが、そのままコンビニへ。
(入れない…)
 何かの厚い空気にでも阻まれたように中へ入る事はとても躊躇われた。
 ふと足元を見れば、子供程はあるコリーがおどおどと耳を伏せながらこちらを見ていた。
(これ以上、見ないであげた方がいいな)
 そう判断して、引き返す。先ほど目にしたベーグル屋をふと眺めて、中に入ってみようかと思いつく。お腹がすいているわけでもないのに。

 立ち止まって考えるそぶりを見せながらガラス越しに見える中の様子を伺ったようにも見えた男はすんなりと中へ入り、レジ前に並んだ。

 
 見回して、カウンター奥の上。黒板にも似たそこに書いてある楷書のローマ字――おそらくは品書きなのだろう――を解読することは諦めて近くにあった品書きを見る。
「次のお客様。ご注文をどうぞ――」
照り焼きチキンは食べににくそうだし、ハンバーグ系もな…と迷ってオムレツトマトにしようかと考えたところで。声を掛けられた。

 注文を終えて受け取って席について食べ始めた。パンの種類を十数種類から選べることには驚いた。

 ◆◆◆

 食べ終わってトレイを片付けた時。正面に女の子が立っていた。
「この席空きますか?」
「え?」
一瞬何を聞かれたのか分からずに、聞き返しの言葉が口から漏れた。
もう一度、その子は同じ言葉を話してくれたよ。
 もう出ようかと思っていた矢先だったから。なんて答えてその場を後にしたかは覚えていない。
…。店を出て振り返った時、彼女がコートを脱ぐそぶりが焼きついた。
色っぽいとも、かわいいとも感じずに…。ただ、その後ろ姿がやけに彼女に似ていた。名前を言う事もないだろう僕の隣の部屋に数年?…一年だったかな。居てくれた彼女。…そこから聞こえた泣き声はもう聞こえないさ。彼女は今日も誰かに抱かれたかな?どうだろうな…。

 連れて帰る場所も連れて行ける場所もない俺としては…。どうにも出来ないだけの事。あったとしても、そこまで人と居ることが上手いとは。もう…言えない。鏡を見て。こんなもんだよな。実際。…そう諦めるしかないほどに。自分の顔に体に能力に自信がない。そして何かを求める力もね。

 帰りの道すがら、川原をてくてく歩きながら、さっき出た店の方角を気にしてた。後ろ髪を引っ張られるような感じが始終続いてた。思いっきりぐい!っとも引っ張れないそんな弱さを彼女に感じたよ。

 欲しいものが手に入る世界ならどうだったのだろうね?

 今のある世界を望んだ彼女は、「強い者が勝つ世界」かな?
 それとも「弱い者が勝つ」?ま。どちらにしろ。誰も得はしないだろう。強い意志を持って手に入れた誰かの夢のカケラ達は、手にした者に幸せを与えない。ただあるのは、なんだこんなものを欲しがっていたのか。と、ただどうにでもない紙くず同然の玩具にもならない単なるガラクタさ。

 誰かの望んだ夢や希望や欲望は、その人本人にしか、力を与えないもののはず。他の誰かに使うなら…。それは一時で崩れ去るだろうね。
 ま。それが単なる道具ならね。

 僕はそろそろ欲しいものも無くなるかもしれない。幸せなコトに。

 また一つ年を取ったような気がしたよ。
 そして、何かの糸がどんどん途切れていくようにも。

...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/11 18:52】 | 小旅日記(こたびにっき) | トラックバック(0) | コメント(2)
オムレツトマトは食べにくかったかも?
 お腹もすかないお昼時。昼食へ出かけた二人を残しつつ、雑誌(ファミ通)を読む男が一人。――まじめに何読んでいるのかと眺めてみたら、“純”恋愛ゲーム「ねぎま」だし…--;ナニ考えてんのかしらこの子は。しかもそれ。何ヶ月前の雑誌よ!?

 まーた、そんなの読んで何想像してるのかしら?片手にコーヒーしかもオトコってや~ねぇー。自分で魔法瓶に入れてきた?まだ缶コーヒーの方が男らしいってもんよ。

 そんな視線つゆとも知らず、読み進める男。はふ。なんてたまに吐息を漏らしていたりする。その視線はどこを眺めているかも定かではない。たぶん見開き右ページの一番左上。あの姉妹のでも想像しているにちがいない!(ぐぐっ)…なんて嫌な!


______________________________

えー。こんばんわ!
今朝は早起き万歳♪ノトスの提供でこのブログはお送りいたします。礼――o┓ペコ
 冒頭はややとある女性をモデルに脳内変換してみました。今日の受講の様子です。…; ̄_ ̄)いや…別に古いゲーム雑誌を読むのが仕事と言うわけではナイデスヨ?ほんとに。

______________________________
そんなこんなで今日は早めの退社。じゃなかた。おかえり。
講義自体はお昼前には終わるから、あとは、ぼへ~っと残ってる感じ。
直ぐ帰るのもアレだし(毎週一回の貴重なお出かけですもん)。

ただ一人でいるのもつまらないし。誰か付き合ってくれる人…いないかな。

場所は横浜だし。土曜だし暇人沢山駅周辺には立っていたりもするけど。どう声掛けて言いものか…悩みどころ。
「お嬢さん?ワタシと一緒に踊りませんか?」じゃ変な出稼ぎ外国人だし。「やぁ。キミのこと前から好きだったんだよね」薔薇の花束を口にくわえて話しかけるのは、あまりにも古典的すぎるし。かといって、最近目にした「ナナ」を紐解いて習うのはあまりにも変態だ。

 そんな私は6年前で止まっています。時間軸が。だーかーら、その間流行だったものも知らないし、分からない。一年前にここTWを始めてからはこの世界のみ――長くなるからヤメヤメ。


 駅を下りて、何やかやとふらふらしてたらベーグル屋さんを発見!
 おなかすいていないつもりが入ってみるコトに。
――ま、その辺りのお話はまた今度と言うことで♪

次回!「ここの席空いてませんか?――ぇ?」持てない男の後ろ髪の引き方。を、お送りいたします。
では~ノ~
...続きを読む

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

【2005/12/10 17:32】 | 小旅日記(こたびにっき) | トラックバック(0) | コメント(0)
今朝の起床時間は朝5時!?…と思ったら、
 10時だった。
 部屋の時計が狂ってた。
 そういえばそろそろ電池交換の日なのかも。かれこれ6年はそのままだ。


 フランスパンを片手に戦う映画があったらしい。
 どんな映画か興味を覚えた。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/09 10:27】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
* ̄_ ̄)ノおはよ。今日もさっき起きた。
 ワタシってお寝坊さん* ̄ー ̄)ゞテヘ

 こんな生活の一週間でもそれなりに生きているコトがかーなーり。不思議。

 ま。それだけ特殊な生き方をしていると言う事かな。
 本音を言えば。朝早く起きて、体を動かして。と所謂ふつーの生活を送りたいトコロなんだけど。
 どうにも昼夜逆転の日々が続く。土曜にはまた講義に出席をするつもりなのに。

 ま。たぶんいつものアレだ。強制力とでもいうのだろうか。そんなものが働いているのだろう。(謎。

 0時前後に布団に潜り。7時前後にやっと眠れる毎日。
 この間、7時間の間何をしているのかというと、横になってる。

 通りで顔つきが不細工になってきているんだと思う。となれば。講義の時間は睡眠学習決定><bとしておいて。夜型に一気にしてみようかと昨晩思い至る。
 そーいうわけで。寒いのにおきてるかも。冬の夜はにがてだぁ~♪

 えー、コホン。
 眠れぬ夜をお過ごしの皆さん?ぼくと一緒に戯れません?――〆

テーマ:ちょいと聞いておくれよ - ジャンル:日記

【2005/12/08 15:06】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(1)
きっぱりと、いさぎよく。
 ECO引退しま~す♪

 ――以上d><


 ここ一ヶ月のブログの内容に愕然とした私はそこはかとなく作った焼き飯inベーコンを食しつつ無駄な限りにも想像をめぐらせた。

「あいつ。昔の俺だよな…」

 過去の間違いをどうやっても形へと導く方法が違うのだが。
 だけど、俺が何度同じことをやっても失敗をするのも目に見えていた。
 彼の周りにはなんとしてでもキチンとしたものを完成させようという人々が残っていたから。彼の元には彼が倒した人の想いを持つ道具が揃うのだから。
 俺の場合は…ははw遊び人だらけだよ♪わ~いw

 昔の俺は遊び人じゃなかったんだけど。でもま。そんなところかな?

 色んなブログみてさ。どうしてここまでカタックルシクテ面白みに掛ける内容なのかと…あw。そんな悩みをここでぶちまけて欲しくはないよね?
 そ~れともだ♪色んな悩みを出し合って発散させる!事もできるかも。

 お気楽、置き楽世の中はさほどの夢も捨てません♪
――以上!ノトスがお送り。――〆
 

テーマ:こんな感じの毎日 - ジャンル:日記

【2005/12/07 13:59】 | 私信 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分は何を目的に生きているのだろう?
 中学の頃。自分にとって幸せとは?そう倫理だったかな、質問された事がある。

 その問いの答えを小さな――そうだな、B4のコピー用紙(わら半紙?に近いペラペラの紙に)――書いた記憶がある。

 欲しいものが欲しい時に手元にあること。


 記憶は定かでないが、そんな意味合いの言葉を書いたと思う。
 コンビニエンスの基本概念と同じようなものかな?

 …その時。思った欲しいものって。実は何もなかったんだよね。
 頭を捻ってなんとか導き出した僕の答えがそれさ。

 時は流れて…12年?…それぐらいか。今は。不可能なことを願いつつある。ただ。それを叶えたとき。僕には何も残らないだろうね。

 そろそろ時間が来るとは思うんだ。使い古された汚くなった雑巾は。もっと強く丈夫で頑丈に見える金たわしにでも取って変わられるかな?
 一抹の不安があるとすれば。…もう何も言わないよ。
 泣き寝入りだけは得意な僕だから。実のところ、親兄弟が僕をどうしたいのか分からない。ついでに言えばそれは被害妄想だとも言われ続けるのかもしれない。そうだな。出来れば舌がおいしいと感じるだけじゃなくて、安全な食べ物を食べたいなと。そう思う。
 確かに。大量に食べ物を確保して備蓄をしていなければ「欲しいものが欲しい時に手元にある」状態は作れないが。その方法として、酸化防止剤や保存料?あとは…。詳しくは必要はないだろうが。そういう方法がな…。それを食べ続けた人間がどういうモノになるのかを少しは理解してほしいところだ。
 とはいえ、そうでもしない限りは食料が尽きる!とでもほざくだろうがね。
 
 保存をするにしても他の方法があると俺には思うのだがな。

……。もちろんこれは、社会を“よく”知らない僕が言う言葉。社会を管理する彼らに言わせれば、違う言葉が返ってくるだろうケドね。
 負け犬達には要はない!とでも。かな?…ホント。どっちが負け犬だか知らないのにね?とはいえ与えられる側としては、ただやる気を無くし、繰り返しの…いや、単なる死ぬための食事を取り続けるのだろう。
 …そんな彼らを叱咤激励し、他の道へと葬り去るつもりの僕はもっと悪魔なのだろう。…とはいえ安心してください。僕もそろそろ体が限界ですから。食べ物じゃなくて、コレハ“見せ物”だというなら、最初からそう言ってくださいよ。ほんと。じゃないと知らない人が買ってきて。貰う側の僕らの方がつらいじゃないですか。…もちろん。僕も少しは他人へ施しましたが。その結果がこれならば、…それこそ田畑を耕す人へとなった方が僕としても生きやすいのかも。…。とはいえ。確かに負けた人間の僕はね。同じ想いを他の人にして欲しくはないんだよ。もちろん僕と同じ人間は必ず数年単位で生まれることではあるだろうケド。それでもやっぱり…。だから。…。とやかくは言わないさ。…ただ。もっと他の方法を探って欲しいな。でも…何を話したところで変わらないのは分かってるよ。

 世界大戦に負けて。食料不足に見舞われて、追いつけ追い越せで様々なモノが生まれた20世紀。やっと識字率が限りなく100%に近づいたんだから。そろそろ少しは周りを見渡してみたらどうだろう?働くための遊び?遊ぶための働き?とはいえ、働きたい人もいることは事実だろう。嘘でもなんでも付いて。まやかしだけのまがい物だとしても。何も劣等感を感じなくてもいいはずなのに。僕がどれだけ失敗を重ねてきたことか。どちらにしても。僕は…。ま。どうでもいいさ。何を話したところで。やってしまった者の勝ちだ。そして。僕はもうやる気は殆どない。理由は述べるつもりもないが。後は彼らがお相手してくれることだろう。…本当に?…どうだろう?…ただ刻一刻と自分の顔が崩れていく様が手に取るように分かる。

ま。それだけの事。表に出るにはインパクトは無さすぎだよ。もう何年も使い古された感のある存在だもの。自分で言ってりゃ世話ないって?
ま。そうかもな。
 
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/06 13:27】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
あなたは何を目的に生きていますか?
 彼らは顔の潰し合いをしたいのだろうか?
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/05 21:06】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
ただいま開発状況1%
 中身はもう別人かもな。

 やってしまったこと。されてしまったこと。
 誰にでもある過ちはもう取り返しのつかないもの。

 過去のコトを後悔するコトよりも、今を楽しむ事が何よりも大事。
 それほど時間は多くある。思ってた以上に。


 強い者が勝つ世の中であれば、負けた者は弱い者。
 弱い者が勝つ世の中であれば、負けた者は強い者。

 あべこべの二者選択の世界にいるよりは、私は誰もが弱い世界で暮らしたい。勝ち負けにこだわるほど強くはないはずだから。いや、弱くか?

 さぁな。もう知らないよ。全部の話に乗るとはもうわからないな。
 昨日出た企画案は売れるだろうが彼の食べ物を生み出すだけに留まらないであろう。「あぼう」…らしい。ケータイコンテンツ用のものです。ただ…;どこまで通用するのかな。それがほんのちょっぴり楽しみだったり…はしないよ。
...続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/04 12:53】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
久しぶりだなこの感覚は、
 本日は大幅に更新遅れ。色々とありましたさ。


 今日、本格始動の講座はなんとか切り抜け、……、眠かった。非常に。
 世は広しと言うけれど、その一部に特化してしまった彼らの目指す夢はなんなのだろうと、本来なら4人しかいないはずの教室に埋まった一杯の彼らの想いを講師の話を空耳に想像をしてみる事は叶わなかった。

 絵空事を形へと変える芸術家。その一端を握る場所への道は何も一つとは限らない。

 しかしながら、その場所を開けて待つ者はそうそういないのかもしれない。
 抱え上げるその人柄が何を夢見るのか?何をその根幹に思うのかは俺には想像がつく世界だろう。とはいえ、ハズレくじを引いた彼らの子供達はそのことをするはずもない。大は小なりにも兼ねる事は出来る。もっと大きいものを隣に用意すればいいだけのこと。一つの道すじによってしか到達できないものでもないのだから。
 彼らに支払うべき対価というものは、いかほどなのだろうか?


 壊れたオモチャの隣に座るのは一体だれだろうな?

 それと、彼に抱かれたい女性はいるのだろうか?そもそもが間違っているものと言う者がどこにいるのだろうか?

「そもそもが間違っているもの・・・」と、言う者がどこにいるのだろうか?
そもそもが、間違っている“もの”と、言う者がどこにいるのだろうか?
そもそもが間違っているものと言う者がどこにいるのだろうか?
 どこにもいないだろう。

 根幹のでだしが違うことに彼はいつ気が付くのだろう?
 それとも、俺が間違いか?さぁな。俺はただ、作りに来ただけだ。
 あの頃抱いた絶望を少しでも分け与えるために。それと少しばかりの幸福を。

 気が付いて見ればあれは何だったのだろう?と遠い過去の記憶をさかのぼるコトも必要がないほど淡い夢の世界へ。

 とはいえ、根幹が違うとしてもその目指すところは同じこと。お互いのできる範囲の力添えは必要だろう。それから、また…。、お別れだ。
 今度はいつ逢えるかな?彼と同じ人に。名前は違うだろうけどね。年も、見た目も。ただ、その中にある本質というものに。
 …その前に俺は、もっと別の物に食われているかもね。
 おとといのヨーグルト。見た目も外側も触っても大丈夫だけど、開けた瞬間に中身は別物だった。そんな事が多くなりそうだ。遠回りの死に行く旅路はどうやら人を物を壊し続けるコトに生涯を掛けているような気がしたよ。

 名を使うと言う事は、本人の意思とは裏腹に進む可能性もある事を考慮するべきなのかな?
 同じ名前だからと言って、俺と同じとは限らない。そして、…違う名前だからと言って、俺だとは限らない。

 そんな不都合な見た目だけの世界がここの  なのかな?

 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2005/12/04 01:46】 | 私信 | トラックバック(0) | コメント(0)
バケモノによるバケモノ然としたバケモノなお話。
 「かっこ良かったのは昔の話さ」

 そんな風に言われるのが普通かも?
 昨夜の出来事。
 いつものように洞窟へ向かっている途中。道をふさぐでっかい芋虫が。彼らはとても穏やかな性格をしていて、まず、冒険者達を襲う事はありえないのだけれど。その…、………。思わず。斬りつけちゃいました。ははは。――はぁ…、

 確かに道をふさいでいて邪魔ではあるし、一見すれば気色悪く感じるそれは(なにせ芋虫ですし)、別段避けて通れないわけでもないですから。
 でーも。一度戦い始めたら相手が倒れるまで戦うのが戦士と言うものだろうと…(倒しておかないと、どこまでも追ってきますし……)。

 嫌な殺しをしたものだと眠れずに一晩明かして、今日もまたお昼頃に目覚めてみたのはここだけのお話。明日は土曜だと言うのに、これじゃ講義の時間に合わせられないような。一応、企画書は何だかんだで軽くは出来てるけど。あれでいいのかな?

 コンビニ深夜のお手伝いを久々に行ってからなんだか時間の感覚がおかしくなってきている私。ノトスの提供で本日はお日柄もおそらく良く。終わりな言葉とさせていただきませう。では~ノシ――〆


 どぉおおおりゃぁーーー!と。一気に蹴散らしたいものです(* ̄_ ̄)且~ずずずず~。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/12/02 13:15】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
気づいたこと
 分かったことがある。
 夜の0時に眠って、お昼の1時に起きる。その睡眠時間。約11時間。

 その間、本当に眠っているのは深夜3時以降だったりする。布団に入ってから寝付くまでがとっても遅い。と言うわけさ。どうにも眠れない。

 実は、今まで、眠くなったら布団に入って、やることが終わったら横になってと、時間に縛られない生活をしていた。
 ただ、ここ2、3日でその状況も少し変わったよう。なんとなく、12時にになったら一日が終りというリズムに。その少し前まではどう生活をしていただろう?
 TWに入って、そうだ!イスピンを育てていたんだ。一日一レベルアップをノルマとして(←元はロシア語らしい:もしかしたら、マルクス辺りが出してきた言葉だろうか?)
 その頃は、「疾風の王国」に参加をしていて代理マスターをやっていた。本来のクラブマスターはどうやらしばらく他のことをすると、話をしていて。少しの期間だけ、代理を頼まれていたんだ。

 今は、しばらく前から始まった講座に出るために朝に起きる必要があるんだよね。それも7時から8時までの間。早ければ早いほどいいのだけれど。となると、夜の12時までには眠らないと。とか考えてるけど。なかなか寝付けない;

 昨日食べたヨーグルト。ごそごそ起きて、夜中の2時、3時辺りだったかな?食べ終わって布団に入ってから。来た。身体の中に別のものが入ってきて、あちこちで反応していた。目が痛くなって。ヤバイと感じ、どうにか身体の中に溶け込ませようと必死になって呼吸をゆっくり繰り返してた。俺もそうなんだが、体内に入ったものを全てを取り込んでこそ、それが“俺自身”だということ。
 でもムリだったよ。どうにも。だからちょっと出した。そしたら少しは楽になった。でも。その代わり。身体の一部がまた壊れてきた。
 仕方がないとは思う。コレハマズイと感じる物を体内に取り込んでそれでも自分の物に出来なかったのだから。だから排除した。自分を守るため。その代わり、その代償を身体が払ったという形。
 食べてみたあのヨーグルトはどうだったのだろうか?
 手に取った瞬間の器には危険さはなかったが、その中身は別物だった。ラベル表示にある名称を見て、コレハ食べない方がイイと感じたのも確かだ。けれど、蓋を開けて少し食べて見て、コレハ…。と感じたのも確か。ゆっくりと食べるつもりだったけれど、まぁ食べておくかと、その結果がこれさ。はは。笑ってくれ。――〆

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2005/12/01 14:43】 | 書き徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボンボ・ヤージュバナー
虎のお茶


狭き世界の旅猫の           なんでもない、ただの思い出話。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ノトス

  • Author:ノトス
  • 人に読んでもらえるブログを目指してみる。
    対象年齢は謎”

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。